クラスター事業とは

クラスター事業とは特定分野における関連企業、専門性の高い供給者、サービス提供者、関連業界に企業、関連機関(大学、規格団体、業界団体など)が地理的に集合し、競争しつつ同時に協力していくことを言います。

従来

垂直型産業組織

  • ・顧客における物流コストの負担が大きい。
  • ・顧客における受入検査コストの負担が大きい。
  • ・単工程に特化した中小企業一社では、新たな取引先の販路拡大が難しく生き残れない。

連携事業

クラスター組織

  • ・顧客における物流コストの負担を軽減。
  • ・顧客における受入検査コストの負担を軽減。
  • ・連携各社保有技術の共有を図り、多工程協業の一貫生産体制により販路拡大を目指す。

※”Cluster”は日本国内における通称であり英訳では”Consortium”となります。